ブログ/お知らせ

塾対象説明会レポート:二松學舎大学附属柏中学校

2019-08-16

カテゴリー:塾対象説明会レポート2019,

 二松學舎大学附属柏中学校は、千葉県柏市にある2011年に開校した男女共学の中高一貫校です。2020年に創立10周年を迎えます。また、高校は1969年に二松學舎大学附属沼南高校として開校し、中学開校とともに名称を二松學舎大学附属柏高校と変更しました。学校までは、JR常磐線柏駅・我孫子駅、東武野田線新柏駅の各駅から無料のスクールバスで約15分かかります。北総線ルートも運行しています。

 校舎は、眼下に手賀沼を見下ろす高台の、二松學舎大学と同じキャンパスにあり、周囲を豊かな緑に囲まれ、四季折々の自然を満喫しながら学習できる環境です。東京ドーム約3個分もある広大なグラウンドは、魅力のひとつです。2011年に完成した新たなキャンパスのシンボル・体育館は、夢へはばたく翼をイメージしたものです。2018年4月には、学食と売店がリニューアルしました。

 二松學舎大学附属柏中学校のコースは、グローバルコース、特選コース、選抜コースの3コースになります。

 二松學舎大学附属柏中学校の特長の一つに「自問自答プログラム」があります。いつもの教室を離れ、異なった環境に身を置き、新たな視点で物事を考えてみる。普段の授業の他に、魅力的な体験プログラムが多数用意されています。すべての活動が、グローバルな視野を育み、「自問自答力」を養成することを目的としています。
「沼の教室」 学校の近くにある手賀沼の環境と歴史を学びます。
「田んぼの教室」 学校近くの田んぼをお借りして、田植え・稲刈りを体験します。
「都市の教室」 東京九段の二松學舎大学をホームベースに、国際都市東京の歴史や文化を自分の足で歩いて見聞し、政治、環境を考えます。
「世界の教室」 シンガポール・マレーシア修学旅行。シンガポール・マレーシアでは各国の文化、歴史を学びます。
「古都の教室」 奈良・京都研修旅行。自国の文化を理解することは、グローバルな視点を持つための基本です。
「雪の教室」 3泊4日の日程で実施するスキー研修に参加します。
 「自問自答プログラム」の集大成として、中3の2月に卒業論文を作ります。一人ひとりが自分の好きなテーマについて「探究論文自問自答」に取り組みます。8000字程度の論文と7分間のプレゼンテーション(中間発表と最終発表)にチャレンジします。


説明会会場となりました、ザ・クレストホテル柏です。

2109年度中学入試結果
・第1志望入試 12/1(選抜) 
 志願者数 25名
 受験者数 25名
 合格者数 25名

・第1回 1/20午前(選抜) 
 志願者数 97名
 受験者数 85名
 合格者数 74名

・第2回 1/20午後(グローバル・特選)
 志願者数 141名
 受験者数 130名
 合格者数
 グローバルA奨学生 31名
 グローバルB奨学生 29名※
 ※ 2名は第4回にてA奨学生へスライドアップ合格
 特選 36名
 選抜 17名

・第3回 1/22(選抜)
 志願者数 100名
 受験者数  18名
 合格者数  17名

・第4回 1/24(グローバル・特選)
 志願者数 126名
 受験者数  49名
 合格者数
 グローバルA奨学生 4名
 グローバルB奨学生 4名
 特選 18名
 選抜  3名

・第5回 2/5(グローバル・特選・選抜)
 志願者数 15名
 受験者数 15名
 合格者数
 グローバル 5名
 特選 5名
 選抜 5名

・合格最低点
第1志望入試 12/1(選抜) 
 ※算数(100点)+作文(100点)の200点満点
 男子  91点
 女子 112点
第1回 1/20午前(選抜) 
 ※4科は国語(100点) +算数(100点)+理科(50点) +社会(50点)の300点満点
 男子(2科)  93点
   (4科) 161点
 女子(2科)  92点
   (4科) 162点  
第2回 1/20午後(グローバル・特選)
 男子(2科) 〈グローバル〉 121点
       〈特選〉    107点
       〈選抜〉     87点
   (4科) 〈グローバル〉 188点
       〈特選〉    162点
       〈選抜〉    132点
 女子(2科) 〈グローバル〉 122点
       〈特選〉    108点
       〈選抜〉     91点
   (4科) 〈グローバル〉 187点
       〈特選〉    154点
       〈選抜〉    139点
第3回 1/22(選抜) 
 男子(2科)  75点
   (4科) 114点
 女子(2科)  ―
   (4科) 110点
第4回 1/24(グローバル・特選)
 ※思考力検査は検査Ⅰ・Ⅱ各100点の200点満点
 男子(2科) 〈グローバル〉 131点
       〈特選〉    102点
       〈選抜〉     82点
   (4科) 〈グローバル〉 180点
       〈特選〉    160点
       〈選抜〉     ―
  (思考力) 〈グローバル〉 149点
       〈特選〉    117点
       〈選抜〉    106点
 女子(2科) 〈グローバル〉  ―
       〈特選〉    102点
       〈選抜〉     ―
   (4科) 〈グローバル〉  ―
       〈特選〉    151点
       〈選抜〉    129点
  (思考力) 〈グローバル〉  ―
       〈特選〉    110点
       〈選抜〉     ―
第5回 2/5(グローバル・特選・選抜)
 ※国語(100点)+算数(100点)の200点満点
 男子〈グローバル〉 133点
   〈特選〉    113点
   〈選抜〉     95点
 女子〈グローバル〉 161点
   〈特選〉    133点
   〈選抜〉    112点

2020年度中学入試について
・変更点
 グローバル/特選 第2回入試が1/25午前に変更になります。

・日程、募集定員
 第1志望 12/1 約25名(選抜)
 選抜 第1回 1/20午前 約15名
 グローバル/特選 第1回 1/20午後 約30名
 選抜 第2回 1/22午前 約10名
 グローバル/特選 第2回 1/25午前 約20名
 全コース 2/5午前 若干名(グローバル、特選、選抜)

・受験科目
第1志望
選抜コース
 算数(基本問題)+表現力検査型(作文+自己アピール+面接)
選抜 第1回、第2回
 2科(国・算)・4科(国・算・社・理)選択(全教科基本問題)
グローバル/特選 第1回
 2科(国・算)・4科(国・算・社・理)選択
グローバル/特選 第2回
 2科(国・算)・4科(国・算・社・理)選択または思考力型検査型
※グローバルコースは「社会・理科」にかえて「英語」での受験も可能
全コース2/5
 2科(国・算)

・グローバルコース合格者のうち、特に試験成績が優秀な者を「グローバル人材育成奨学金」奨学生とする。奨学生合格者が入学した場合、試験成績に応じて下記の学納金に相当する奨学金を支給します。
A奨学生(10名程度)
入学金(20万円)、設備費(15万円)、授業料の1年分(34万8千円)
B奨学生(25名程度)
入学金(20万円)、設備費(15万円)
2〜3年生については各学年1名を特待生として当該年度の授業料相当額を給付。2名を準特待生として授業料相当額の半額を給付。

・スライド合格・再チャレンジについて
スライド合格
 希望コースの合格ラインに達していない場合で、他コースの合格ラインに達している場合は、それぞれの合格を出します。
再チャレンジ
 合格者が、その資格を有したまま、次回以降の試験においてグローバルコース・特選コースに再チャレンジすることができます。また、特待生へのチャレンジもできます。
 第一志望入試合格者もその資格を有したまま、次回以降の試験においてグローバルコース・特選コースにチャレンジできます。


説明会会場の様子です。

2019年度大学入試結果
・国立大
 千葉大1名、筑波大2名、茨城大1名、埼玉県立保健医療大1名
・私立大
 早稲田大2名、東京理科大2名、学習院大1名、明治大2名、青山学院大4名、中央大3名、法政大2名、日本女子大3名、明治学院大2名、成城大2名、日本大14名、東洋大9名、駒澤大8名、専修大7名
 二松學舎大45名 等


 最後に、学校説明会等の詳細は  こちら まで。

 以上です。このレポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!
ブログランキング
FC2
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキング
カテゴリーページ
塾対象説明会レポート2020
中学入試 激励風景2020
重大ニュース2019
塾対象説明会レポート2019
中学入試 激励風景2019
重大ニュース2018
塾対象説明会レポート2018
中学入試 激励風景2018
重大ニュース2017
塾対象説明会レポート2017
塾対象説明会レポート2016
イーシャメ
今日の教養
小6の本棚
中学入試 激励風景2016
塾対象説明会レポート2015
中学受験の歩き方
中学入試に役立つ学習法
きょうのエピソード
今日の教養
教育投資の考え方
自己紹介その他お知らせ
模試の鉄則
私立中学の歩き方
塾対象説明会レポート2013
塾対象説明会レポート2012
塾対象説明会レポート2011
重大ニュース2011
合否を決める一問
シュサイの哲学

Page top