ブログ/お知らせ

塾対象説明会レポート:青山学院中等部

2019-05-16

カテゴリー:塾対象説明会レポート2019,

 青山学院中等部は、渋谷区渋谷にある男女共学の中学校です青山学院は、幼稚園から大学、大学院まで一貫して、キリスト教信仰に基づく「青山学院教育方針」のもとで教育研究を行っている学校です青山学院中等部は、1947年に開設され、2017年に創立70周年を迎えました。最寄駅は、東京メトロの表参道駅または、JR、東京メトロの渋谷駅になります。


青山学院中等部の新校舎です。

 青山学院中等部は、現在校舎の建て替え工事を行っています。2015年6月から2019年9月までの間、Ⅲ期に分けて工事を行っています。今後の予定として、2018年秋に、中等部専用のチャペルと図書館が完成し、2019年夏には、テニスコートとグラウンド(人工芝)が完成します


説明会会場のチャペルです。

 本校舎の完成によって、2017年4月から「教科センター方式」になりました。「教科センター方式」とは、従来の教室で先生を待って授業を受ける方式ではなく、ICT完備した各教科の専用教室に、生徒たちが移動して授業を受ける方式です。授業ごとに移動するこの方式は欧米の学校や大学のスタイルです。


メディアセンターです。

 クラス編成は、1クラス32名(男子16名、女子16名)、1学年8クラス構成となっています。また、初等部からの内部進学者と中学受験からの入学者が半数ずつとなっており、毎年クラス替えを行っています。

 青山学院では、同じキャンパス内に大学があることを生かして、以下のことを行っています。
①チャットルーム
 青山学院大学に在籍する学生と留学生が外国語によるコミュニケーションを通じて、国際交流ができる場です。中等部では週に1回、昼休みに留学生が英語のMS(メディアスペース)に来てくれ、ランチトークを行っています。
②スタディールーム
 教職を目指す大学生が毎日放課後に学年ラウンジで学習指導を行っています。生徒は教科を問わず年齢の近い先輩に相談することができます。
③学問入門講座
 高等部では青山学院大学・専門職大学院の教員がそれぞれの専門分野について高校生にわかりやすく講義しています。生徒は自分の関心のある講座を自由に選ぶことができ、卒業後の進路選択にも役立ちます。
④大学授業の履修
 高等部3年生の希望者が青山キャンパスの授業を履修し、進学後にその単位が認められるというシステムがあります。


2019年度中学入試結果
・志願者数
男子 465名(2018年度 404名)
女子 629名(2018年度 529名)
合計1094名(2018年度 933名)

・受験者数
男子 423名(2018年度 361名)
女子 536名(2018年度 467名)
合計 959名(2018年度 828名)

・合格者数
男子 128名(2018年度 116名)
女子 100名(2018年度  99名)
合計 228名(2018年度 215名)

・合格最低点(300点満点)
男子 182点(2018年度 142点)
女子 202点(2018年度 167点)

2020年度中学入試について
変更点
2/2が日曜日のため、試験日が2/3(月)になり、発表・手続が2/4(火)に変更になる。
出題について
・全般的な出題の方針
 「小学校の指導要領の範囲・単元を大きく逸脱しない。」
 「過去の問題と大きな変更点はない。」

参考として2019年度の各科目の出題について
国語
50分、100点満点
・大問4〜5問
・解答用紙は横書きである。
・文学的文章・説明文・韻文などまんべんなく出題
 小学生が興味を持てる文章を選んでいる。
・漢字は昨年並み
・決められた字数でまとめる問いを出題する予定

算数
 50分、100点満点
・基本的な問題を幅広く出題。特定の分野を出題することはない。
・基本的に一問ごとの問題。小問を含む問いもある。
・冊子の左側が問題、右側が計算用紙。
・計算→数式→図形→大問 易しいと思われる順に並べてあるが、
 得意なところから解くように。問題数は多い。
・学習指導要領で削除されている項目は出題しない。ただし、教科書の発展、トピックスは出題する。
・答えのみ記入、途中式は見ない。
・答えが分数になる場合、帯分数、仮分数のどちらでもよいが、約分していない場合には不正解とする。

社会
 25分、50点満点
・地理20点、歴史20点、政治経済10点
・記号選択と語句を答える
 短文を答える問いを出題する可能性あり
・地理 日本が中心。日本と関係のある外国は出題する。
 日本の自然・環境・産業について地図や統計を見ながら答える。
・歴史 時代をまたがる問題。図や年表・資料を読む。歴史の流れを整理しておく。
・時事 年末までの国内外の大きなニュース。

理科
 25分、50点満点
・5つの大問、各大問に小問5問程度
・大問1は5問の小問集 (物化生地および科学の一般常識 各1問ずつ)
・大問2〜5は4分野(物化生地)から同じ解答数、配点で出題
 問題中の薬品、生物、天体などは小学校の教科書に載っていないものも出題するが、一般的な受験勉強をしていれば目に触れるものとする。
 例年、物理、化学の正解率が低い傾向にある。
・文章で答えるものや、途中式なし。
 短い用語、数値、選択肢を答える。解答数は指定あり。指定がない場合には1つ答える。
・割り切れない計算の場合には四捨五入などの指示を出す。


青山学院大学のキャンパスです。

 最後に、学校説明会詳細はこちら)は第1回が6月22日(土)午前、第2回が9月14日(土)午前、第3回が9月14日(土)午後、第4回が10月5日(土)午前、第5回が10月5日(土)午後となっています。また、公開行事として中等部祭11月9日(土)10(日)に行われます。

 以上です。このレポートが参考になった方は応援クリックをお願いします!!

Page top