ブログ/お知らせ

塾対象説明会レポート:東洋大学附属牛久中学校

2023-10-20

カテゴリー:塾対象説明会レポート2023,

 東洋大学附属牛久中学校は、茨城県牛久市にある男女共学の中高一貫校です。母体である東洋大学は、1887年に創設され「私立哲学館」としてその歴史が始まりましたその附属校として、1964年に東洋大学附属牛久高等学校、2015年に東洋大学附属牛久中学校が創設されました。
 最寄駅の常磐線牛久駅から以外にも、つくばルートや守谷ルートなど9つのルートのスクールバスが運行されています
 今年度の説明会もオンラインで行われました。


東洋大学附属牛久中学校の校舎とグラウンドです。

東洋大学附属牛久中学校では、以下のような英語教育が充実しています
・毎回の定期テストでSpeakingテストの実施(全学年)
・文化祭での英語落語(中2全員)
・本校でのAll English Days(中1全員)
・フィリピン語学研修(6泊7日)(中2全員)
・オーストラリア アデレードでのホームステイ(約2週間)(中3全員)
・スピーキングコンテスト(毎年3月に実施)

2024年度中学入試について
・専願入試
12/2 専願入試
国語、算数、理科・社会、集団面接

・併願入試
11/19 適性検査型入試
適性検査問題Ⅰ(算数・理科)、適性検査問題Ⅱ(国語・社会)、集団面接
11/19 英語特別入試
課題作文(日本語)、英語リスニング、英語スピーキング(集団面接含む)
1/5 第1回一般入試
国語、算数、理科・社会、集団面接
1/21 第2回一般入試
国語、算数、理科・社会、集団面接
2/7 総合型入試
総合問題Ⅰ(国語・社会の基礎的な問題)、検査問題Ⅱ(算数・理科の基礎的な問題)、集団面接

・追試験について
今年度は追試験を設けず、別室対応とする。

各科目の出題傾向
専願・第1回一般・第2回一般
国語
大問1 論理的思考力
・主述の関係、文節の関係
・故事成語や慣用句など、文中での使い方
大問2 文章題(読解問題)
・漢字、語句の意味、指示語、接続語など
・200字記述問題(本文の内容を読み取って自分の考えをまとめる)

算数
◆計算問題
◆文章問題
◆図形問題
◆思考力を問う問題
・「速さ」に関する大問が出題される(十分な練習を)
・思考力を問う問題も出題される(物事の仕組みについて考える癖をつける)

理科・社会
◆記述問題
・基本的な説明や基礎用語などを記述で解答する(漢字や日本語表現などを丁寧に書く癖をつける)
◆多角的な視点で思考する問題
一つの題材をいろいろな見方をしながら考える(問題文の中からヒントや情報をつかむ癖をつける)

適性検査型
適性検査Ⅰ(主に算数・理科の内容を問う問題(算数・理科系))
適性検査Ⅱ(分析力・記述力・表現力などを問う問題(国語・社会系))
・会話文や資料などから出題の意図を正確に読み取り、問題解決するだけでなく問題までの道のりを解答に表現する
・茨城県公立中学校入試の過去問などを参考に

英語特別
英語
・リスニングテスト(20分)
 英検4級〜3級程度で、問題形式も英検に類似
 対話文または英文を聞き、その質問に答える
・スピーキングテスト(30分)
 1部では、英語を使って簡単な会話をする
 2部では、3人1組でテーマに沿った会話を自由に話す
 テーマとしては、「シーズン(季節)」「サブジェクト(教科)」「ミュージック(音楽)」「スポーツ(運動)」など
・課題作文(日本語)(50分)
 課題文または資料を読み800字程度で答える
 読み解く力、考える力、書く力が求められる
※ホームページに過去問が載っている。

総合型
総合問題Ⅰ(国語・社会の基礎的な問題)
総合問題Ⅱ(算数・理科の基礎的な問題)
・小学校の学習内容に対する正確な理解


奥に見えるのが、体育館です。

 2023年度大学入試での合格者数は、国公立大学お茶の水女子大1名、東京海洋大1名、筑波大5名、茨城大8名、千葉大2名など合計で25名私立大学早稲田大1名、東京理科大4名、明治大6名、青山学院5名、立教大8名、中央大2名、法政大12名、学習院大7名などとなっています。また、東洋大学への附属推薦での進学者数は269名で、卒業生の42%でした。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いします!!

塾対象説明会レポート:東邦大学付属東邦中学校

2023-10-06

カテゴリー:塾対象説明会レポート2023,

 東邦大学付属東邦中学校は、千葉県習志野市にある男女共学の中高一貫校で、額田豊・晋兄弟博士が創立した医学専門学校を前身とする東邦大学の付属中学校です。「自然・生命・人間」に関する世界観と提唱し「生命の尊さ」「宇宙を支配する無形の力を尊ぶこと」など、科学的人生観を説き「かけがえのない自然と人間を守る」ための豊な人間性と均衡のとれた知識の育成の理念を追求しています。


東邦大学付属東邦中学校の正門です。

 学校は総武線津田沼駅から京成バスで行けるほか、京成本線京成大久保駅からは徒歩で10分ほどの場所にあり、近隣には東邦大学薬学部・理学部、日本大学の生産工学部などの大学があります。
 正門は至って普通の入口となりますが、足を進めるごとに緑を感じることができ、中学高等学校の敷地に入るというよりも、大学のキャンパスに足を踏み入れたような趣きがあります。校舎の先には緑鮮やかな全面人工芝のグラウンドがあり、ハンドボールコート3面、テニスコート5面、サッカーコート1面、野球場という設備と大きさを誇っています


東邦大学付属東邦高等学校の校舎です。

 2023年度中学入試結果について、受験者数推薦入試572名(60名減)前期入試2147名(21名増)後期入試457名(60名増)となり、合格者数推薦入試40名(±0名)前期入試967名(2名減)後期入試22名(25名減)となりました。実質倍率推薦入試14.3倍(―1.5)前期入試2.2倍(±0)後期入試20.8倍(+12.4)となりました。

合格最低点は、
 推薦入試 188点(62.7%)(300点満点)
 前期入試 278点(69.5%)(400点満点)
 後期入試 237点(79.0%)(300点満点)
でした。後期入試合格者数22名と少なかったため、合格最低点の得点率も79%と8割近い得点が必要となり、かなりの狭き門でした。

 2024年度中学入試について
・大きな変更点はありません。
・日程・募集定員・受験科目など
推薦入試(第一志望入試)
12/1  40名募集
 国語・算数(各100点・各45分)
 社会・理科(各 50点・各30分)
前期入試
1/21 240名募集
 国語・算数・社会・理科(各100点・各45分)
後期入試
 2/3  20名募集
 国語・算数(各100点・各45分)
 社会・理科(各 50点・各30分)
帰国生入試
12/1  若干名募集
 国語・算数・英語(各100点・各45分)
            
※帰国生入試の募集人員は前期入試の募集人員に含める。
※インターネット出願となります。ただし、推薦入試は提出書類の郵送が必要となります。
※入試成績の特に優秀な者については入学年度における年間授業料を免除する。

 2023年度大学合格実績は、国公立大が、東京大5名、東工大11名、一橋大2名、東京医科歯科大2名、東京農工大4名、東京海洋大1名、東京学芸大3名、電通大1名、千葉大18名、筑波大7名、横浜国大2名、北海道大6名、東北大1名、防衛医大2名、防衛大1名など計88名で、私立大早稲田大53名、慶應義塾大43名、上智大42名、東京理科大131名、明治大105名、青山学院大39名、立教大47名、中央大46名、法政大60名、学習院大11名などとなっています。また、東邦大合格者数は、医学部22名、薬学部14名、理学部6名、合計42名でした。

 東邦大学付属東邦中学高等学校の特長の一つとして、「自分探し学習」があります。「自分探し学習」では様々なステージとプログラムにも取り組んでいます。中学では、「読書マラソン」・「数学トレーニングマラソン」・「実験重視の理科教育」・「社会科博士号」・「校外学習、体験学習、修学旅行」など、各分野への偏りのない取り組みで生徒の可能性を拡げます。さらに希望者を対象に「学問体験講座」が開かれています。医療系希望者も多いことから、東邦大学医療センター佐倉病院の協力をあおぎ、外科の実験体験「ブラックジャックセミナー」を開催するなど、今学んでいることが、どのように学問として発展していくのかを実感することができます。


東邦大学付属東邦中学校のシンボルの大銀杏です。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の東邦大学付属東邦中学校の累計合格実績は65%(84名受験55名合格)です。

 最後に、学校説明会の詳細は、 こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!

塾対象説明会レポート:山脇学園中学校

2023-09-29

カテゴリー:塾対象説明会レポート2023,

 山脇学園中学校は、港区赤坂にある女子の完全中高一貫校です。山脇学園1903年に創設され、今年120周年を迎えます。
 クラス編成は、中1・中2が8クラス編成(1クラス40名前後)になっています。


山脇学園の正門です。

 2024年度中学入試は大きな変更点はありません。

 「英語AL入試」2月1日午後2月3日午後に行います。「英語AL入試」英検3級相当以上の英語力があり「AL入試説明・ALアプリ体験動画を視聴して、試験の趣旨を理解している方が対象となる入試です。入試科目は算数のみで、アダプティブラーニングアプリから出題される基本問題と、論理的に考えて記述する問題(1題)となります。

 「探究サイエンス入試」2月3日午後に行います。「探究サイエンス入試」入試科目は、理科(30分・100点満点)課題研究(60分・150点満点)です。「理科」は、物理・化学・生物・地学の4分野を総合的に問う問題(大問2題)を出題、小学校理科の基礎知識を「使える知識」として身につけているかを問い、計算処理・読解力の必要な問題となっています。「理科」の得点が低い場合、不合格となる場合があります。「課題研究」は、その場で提示された課題に対して、論理的な思考に基づいて自由に解決方法を考え、結果を示して考察を行い、発表ポスターの形で表現する試験です。取り組み、思考のプロセスを評価します。上記の事柄を満たす内容について、加点方式で評価します。

 一般入試の合否判定で、英検4級以上の取得者には、配慮があります。

 複数回受験の優遇措置
 各回の入試ごとに、繰り上げ合格ゾーンを設定し、そのゾーンに複数回入っている受験生を優先して繰り上げます。国・算1教科、探究サイエンス入試も複数回受験の対象となります。

 繰り上げ合格について
2/5(月)15:00 学園維持整備費納入締切(=入学手続完了者確定)
2/6(火)以降は、辞退者があれば順次
2022年度は、繰り上げ合格なし。
2023年度は、2月5日に11名繰り上げ。


山脇学園のグラウンドです。

 2019年度から始まった2月1日午後の国語または算数1教科入試の受験者数は、
国語 451名(2023年度)、551名(2022年度)、
   542名(2021年度)、425名(2020年度)、
   303名(2019年度)
算数 292名(2023年度)、285名(2022年度)、
   312名(2021年度)、219名(2020年度)、
   173名(2019年度)
と多くの受験生を集めています。


国の重要文化財の武家屋敷門です。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の山脇学園中学校の累計合格実績は88%(8名受験7名合格)です。

 最後に学校説明会等は、 こちら まで。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

塾対象説明会レポート:江戸川学園取手中学校

2023-09-22

カテゴリー:塾対象説明会レポート2023,

 江戸川学園取手中学校は、茨城県取手市にある中高一貫校です。1978年江戸川学園取手高等学が創立され、9年後江戸川学園取手中学校が開設されました。2012年4月には江戸川学園取手小学校も開校し、茨城県初の小・中・高12ヵ年一貫教育校となりました

 創立40周年記念事業として、2020年4月に総合体育館Sakura Arena竣工しましたSakura Arenaは、1階が雨天運動エリア、部室、体育用具庫、駐車場、2階が武道場、卓球場、ダンス室等、3階が体育館、更衣室等となっています。


Sakura Arenaです。

各コース制の特徴について
・医科ジュニア・医科コース
①現役医師や医学部教授による月1回の講和(中・高)
②医師体験・病院見学などへの積極的な参加(中・高)
③学校独自科目「メディカルサイエンス」を実施(高)
④医学部医学科のみに特化した受験指導
・東大ジュニア・東大コース
①知的好奇心を満たす、学問の本質を重視したアカデミックな授業(中・高)
②科学の甲子園や模擬起業グランプリ等に中核として参加する生徒多数(中・高)
③東大金曜特別講座へ参加する生徒多数(中・高)
④目標の高い生徒同士による切磋琢磨
・難関大ジュニア・難関大コース
①名前の通り難関大(早慶上理・国公立など)や歯薬看護への合格多数
②多様な入試形態(一般選抜・総合型選抜・学校推薦型選抜)に柔軟に対応
③部活・ボランティア・コンクールと多様な活動に励む生徒多数
④基本を重視しつつ、入試への計画的な学習

 2022年度の中学入試から、全ての入試で英語が必修となりました。5科目型入試と適性型入試では、試験時間20分で全てリスニングの問題になります。リスニングのサンプル問題は こちら

 2023年度の各入試での受験者総数は、第1回入試723名(20名減)第2回入試403名(37名減)第3回入試203名(24名減)となりました。すべての回で、若干の減少となりました。


中等部校舎です。

2024年度中学入試の変更点
1.帰国生入試を実施しない。
2.第3回入試の出願期間が、2月4日20:00まで(2月4日23:30まで)
3.延納の締切日時が、2月5日14:00まで(2月5日16:00まで)
※( )内は昨年度

2024年度中学入試について
・試験日程・募集定員
 適性型 12月16日 
 第1回 1月17日
 第2回 1月25日
 第3回 2月5日
 東大ジュニアコース(80名募集)
 医科ジュニアコース(80名募集)
 難関大ジュニアコース(160名募集)

・試験科目・時間・配点
①5科目型入試(1/17、1/25、2/5)
 国語・算数 各50分 各100点満点
 理科・社会 合わせて60分 各50点満点
 英語 20分 50点満点
 合計 350点満点
②英語型入試(1/17、1/25、2/5)
 国語・算数 各50分 各100点満点
 英語 60分 100点満点
 合計 300点満点
 英語は、CEFR(国際標準規格)でA1〜A2(英検3級から、英検準2級程度)を出題レベルとする。15分程度のリスニングを含む。
③適性型入試(12/16、1/25)
 適性型A・B 各50分 各100点満点
 英語 20分 50点満点
 質問シート 10分 5段階評価
 合計 250点+5段階評価

・特待について
 A特待 入学時納入金全額及び、授業料1年間の免除(特待生としての継続は、年度ごとの審査による。)
 B特待 入学時納入金の全額免除

・入試において、東大ジュニアコースと医科ジュニアコースの合格点に達しない場合は、難関大ジュニアコースへのスライド合格制度があります。

・再チャレンジ
 希望コースへの再チャレンジや特待合格への再チャレンジが可能です。
 途中でコースを変更することも可能になった。

・各コースの合格の目安
 東大ジュニア・医科ジュニア 合計点の7割 特待は合計点の8割
 難関大ジュニア 合計点の6割 特待は合計点の8割


説明会会場のオーディトリアムです。

 ちなみに、エクセレントゼミナールの生徒の江戸川学園取手中学校の累計合格実績は83%(138名受験115名合格)です。

 最後に学校説明会等の詳細は、 こちら  、紫峰祭(文化祭) こちら で。

 以上です。この塾対象説明会レポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

塾対象説明会レポート:二松學舎大学附属柏中学校

2023-08-18

カテゴリー:塾対象説明会レポート2023,

 二松學舎大学附属柏中学校は、千葉県柏市にある2011年に開校した男女共学の中高一貫校です今年は創立13周年目を迎えました。また、高校は1969年に二松學舎大学附属沼南高校として開校し、中学開校とともに名称を二松學舎大学附属柏高校と変更しました。学校までは、JR常磐線柏駅・我孫子駅、東武野田線新柏駅の各駅から無料のスクールバスで約15分かかります。北総ルート、新鎌ヶ谷ルートも運行しています。


説明会会場のザ・クレストホテル柏です。

 二松學舎大学附属柏中学校は、昨年2022年度から、「グローバル探究コース」「総合探究コース」の2コース制になりました「グローバル探究コース」は、「グローバルな学び」をプラスし、真のグローバルリーダーを育てます。国公立、早慶上智などの最難関大学を目指し、異文化・多様な価値観を認め、さまざまな局面を乗り越えるコミュニケーション能力を養います。「総合探究コース」は、6年間で難関大学受験に対応できる学力を養成することを目標に、成長段階に合わせた指導で高度な学力を身につけるコースです

 2023年度中学入試は、「グローバル探究コース」「総合探究コース」の2コース制の募集になって2年目の入試になりました志願者総数は、前年度の102%と微増となりました。また、グローバル探究コースを志望する受験生は前年度比95%と微減となりました。また、A奨学生が31名、B奨学生が37名でした。

 2024年度中学入試では、第一志望入試と全コース入試以外の入試の入学手続締切日が、2/4 23:55までに変更になります。そのため入学手続猶予願は不要になります。その他の大きな変更点はありません。

・日程、募集人員
 第1志望 12/1 グローバル探究5名、総合探究25名
 総合探究第1回 1/20午前 25名
 グローバル特待第1回 1/20午後 20名
 グローバル特待第2回 1/22午前 15名
 総合探究第2回 1/24午前 10名
 2月全コース 2/5午前 若干名

・受験科目
第1志望
 作文型、算数、英語から2科目選択、+表現力検査(自己アピール+個人面接)
総合探究第1回、第2回
 2科(国・算)、4科(国・算・社・理)選択
グローバル特待第1回
 2科(国・算)、3科(国・算・英)、4科(国・算・社・理)選択
グローバル特待第2回
 2科(国・算)、3科(国・算・英)、4科(国・算・社・理)、思考力検査型(検査Ⅰ・Ⅱ)選択
全コース
 2科(国・算)


説明会開始前の会場の様子です。

 また、二松學舎大学附属柏中学校の特長の一つに「自問自答プログラム」があります。いつもの教室を離れ、異なった環境に身を置き、新たな視点で物事を考えてみる。普段の授業の他に、魅力的な体験プログラムが多数用意されています。すべての活動が、グローバルな視野を育み、「自問自答力」を養成することを目的としています。
「沼の教室」 学校の近くにある手賀沼の環境と歴史を学びます。
「田んぼの教室」 学校近くの田んぼをお借りして、田植え・稲刈りを体験します。
「都市の教室」 国際都市東京で都市の歴史・文化・テクノロジーを学びます。
「古都の教室」 奈良・京都研修旅行。自国の文化を理解することは、グローバルな視点を持つための基本です。
「世界の教室」 グアム修学旅行。2024年度実施予定です。社会に出る前の国際経験を身につけます。
「雪の教室」 3泊4日の日程で実施するスキー研修に参加します。
 「自問自答プログラム」集大成として、中3の2月に卒業論文を作ります。一人ひとりが自分の好きなテーマについて「探究論文自問自答」に取り組みます。8000字程度の論文と7分間のプレゼンテーション(中間発表と最終発表)にチャレンジします。

 最後に、学校説明会等の詳細は こちら まで。

 以上です。このレポートが参考になった方は、応援クリックをお願いいたします!!

塾対象説明会レポート:跡見学園中学校

2023-07-28

カテゴリー:塾対象説明会レポート2023,

 跡見学園中学校は、文京区大塚にある女子の中高一貫校です。丸ノ内線茗荷谷駅から徒歩2分、都心とは思えない広々とした敷地に、吹き抜けの6階建て校舎、地下2階の温水プール、大小のアリーナ、など素晴らしい設備に目を奪われてしまいます。グラウンドの向こう側に見えるのは、跡見学園女子大学です。


跡見学園中学校の校舎です。


跡見学園中学校のグラウンドです。

 跡見学園明治8年(1875年)、大阪出身の跡見花蹊(かけい)によって創設されました。今年で148周年になります。

 「本物に触れる学び」として、豊富な実験・実習・フィールドワークを行っています。宿泊行事として、中1・2の「サイエンス探究教室」(中1北軽井沢・中2奥日光)や中3の「SDGs探究旅行」(広島・沖縄・九州)、高2の研修旅行(京都・奈良)が用意されています。

 一昨年度よりオンライン英会話が導入されています。中学生は毎週1時間、英語の時間を使って、フィリピン人講師による、マンツーマン英語レッスンを受講します。

 個性と才能を引き出し伸ばす、跡見独自のコンテンツとして、「放課後プログラム」が用意されています。「指名補習(無料)」などの「学習系」の他に、「英検・英語講座」などの「語学系」や、「茶道」・「華道」・「筝曲」などの「伝統文化系」もあり、クラブや委員会活動などと組み合わせて、自分だけの放課後をデザインすることができます。

 跡見学園女子大学へ優先的に入学ができます。優先入学制度は、高校3年間で一定の成績基準を満たしていれば出額することができます。出願時期により、専願と併願の2種類があり、併願の場合は合格後でも他大学への入学が認められます

 2023年度中学入試では、のべ受験者数が6年連続で増加しました。三大模試の結果偏差値も少しずつ上昇しています。毎年、合格するのが難しくなっているようです。この傾向は今後も続くものと考えられます。

 2024年度中学入試について大きな変更点はありません
日程・募集定員・受験科目など
帰国生入試 12/19 10名募集
 国・算・作文・面接
・一般入試
第1回 2/1午前 70名募集
 2科・4科選択
第2回 2/2午前 60名募集
 2科・4科選択
・特待入試
第1回 2/1午後 50名募集
 2科
第2回 2/2午後 40名募集
 2科(国語重視型入試)
※国語、算数の2科の入試。
第3回 2/4午前 20名募集
 思考力入試
 漢字力・計算力、思考力
 英語コミュニケーションスキル入試
 漢字力・計算力、英語筆記、英語面接
第4回 2/5午前 20名募集
 2科・4科選択

合格判定の実際
・2科・4科選択制の入試における判定
 合格者の8割 国語・算数2科目の合計点で判定
 あとの2割  4科目の合計点で判定
・国語重視型入試における判定
 合格者の4割 国語1科のみの得点で判定
 あとの6割  国語・算数2科目の合計点で判定
・複数回受験による判定上の優遇
 繰り上げ合格者を決定する際、考慮する。


跡見学園の正門です。

 最後に、学校説明会の詳細は、 こちら まで。

 以上です。このレポートが参考になった方は応援クリックをお願いします!!
ブログランキング
FC2
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(指導・勉強法)へ
人気ブログランキング
カテゴリーページ
塾対象説明会レポート2023
塾対象説明会レポート2022
塾対象説明会レポート2021
塾対象説明会レポート2020
塾対象説明会レポート2019
塾対象説明会レポート2018
塾対象説明会レポート2017
中学入試 入試風景2024
中学入試 合格発表風景2024
中学入試 激励風景2022
中学入試 激励風景2021
中学入試 激励風景2020
中学入試 激励風景2019
中学入試 激励風景2018
重大ニュース2023
重大ニュース2022
重大ニュース2021
重大ニュース2020
重大ニュース2019
重大ニュース2018
重大ニュース2017
小6の本棚
正しい模試の活用法
入試に良く出る略語の覚え方
自己紹介その他お知らせ
中学入試に役立つ学習法:国語編
中学入試に役立つ学習法:算数編
中学入試に役立つ学習法:理科編
中学入試に役立つ学習法:社会編
中学受験の歩き方

Page top